高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 埼玉県エリア別のおすすめ廃車買取業者はここ » 富士見市

富士見市

本ページでは、富士見市で廃車買取を検討されている方向けに、お勧めの業者や各種の情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

埼玉県の廃車買取業者を見積りで比較

富士見市近隣に拠点を置く
埼玉県の廃車買取業者

浦和自動車解体

本社:さいたま市桜区上大久保

中間マージンを発生させないため、廃車に関する業務をすべて自社でワンストップ対応。そのため、買取価格をより高値にできるとしています。買取された車輌は、海外、部品、資源それぞれに適宜振り分けて再利用されるそうです。

タウ

本社:さいたま市中央区

事故車や水没車といった「いわくつき」の車輌を積極的に買取しています。その上で、海外に輸出。修理コストの安い現地で再生した上で、中古車として販売する方式を実践。日本では縁起が悪い敬遠されがちな事故車などを、逆転の発想で海外で活かしています。

マックトレーディング

本社:さいたま市岩槻区長宮

海外経験豊富な同社代表のキャリアを活かし、買取した車輌を海外へ輸出するビジネスを手がけています。特に、同社の取引先では、4WDオフロード車やワンボックス、RV車、商用車などの人気が高いとのことで、それらの買取に注力しています。

秋山商会

本社:戸田市氷川町

競艇場として有名な「戸田ボート」の近くに所在。本拠地である戸田市を中心に、埼玉県南部と東京23区北部をメインとする解体業者になります。いわゆる地域密着型の業者のため、富士見市への出張買取が可能かどうかは、要問い合わせとなります。

メタルリサイクル

本社:比企郡川島町

同社は、買取した車輌から得られる再利用可能な部品類を、自社運営のパーツセンターを通じて販売しているのが大きな特徴。また、自動車に限らず、家電製品や自動販売機、その他の老朽化した機械類も積極的に買取った上でリサイクルしています。

石川商事

本社:川越市寺山

「自動車リサイクルを通じてエコロージーに貢献する」というスローガンを掲げる解体業者になります。1959年創業で60年近い歴史を有する老舗でもあります。特色としては、トラックなどの大型車輌買取にも対応している点。もちろん普通自動車や軽自動車も歓迎しています。

CRS埼玉

本社:川越市芳野台

本サイトでご紹介している中では、2004年創業で比較的新しい会社になりますが、『自動車リサイクルのリーディングカンパニー』というスローガンを掲げ、精力的に業務を推進しています。また、買取車輌から得られるセルモーターやオルタネーターなどをリビルド部品として再生・販売。

アクツ商会

本社:鶴ヶ島市上広谷

業界経験45年という解体業者になります。ユーザー向けに「解体屋さんが直接買取」というアピールを行っており、中間マージンなし、手続きはすべて代行可能といったメリットを訴求しています。解体業をメインとしながら、中古パーツの販売なども手がけています。

昭和メタル

本社:越谷市増森

かの越谷レイクタウンからほど近い業者になります。当初は自動車解体業として創業し、その後、パーツセンターやタイヤ&ホイールショップの営業も開始しています。買取車輌はパーツ再販と資源リサイクルの双方に有効活用しているとされています。

3R

本社:久喜市河原井町

英語の「Reduce」「Reuse」Recycle」の頭文字が社名の由来。東北自動車道・久喜インターから約5分という立地です。買取車輌は、再利用できる部品は取り外して販売。再利用できない部位もリサイクル資源としてキチンと活用するとしています。

富士見市も対応する
その他の廃車買取業者

おもいでガレージ

本社:東京都葛飾区東新小岩

買取車輌の海外輸出をメインとしており、いわゆる解体業者とは一線を画した会社になります。また、そうした出自ゆえ、買取対象は年式や走行距離に関係なく、公道走行できる車輌としています。一方、事故車や水没車などは、買取不可と明言されています。

ゴールデンライオン

本社:東京都江戸川区南篠崎町

解体業者として1970年創業、ほぼ半世紀という歴史を持つ老舗業者となっています。本拠地の東京に加え、我らが埼玉、そして千葉と神奈川も買取強化エリアとしているとのこと。出張買取ももちろん対応しています。買取車輌は資源リサイクルがメイン、一部は中古として再販もするそうです。

ビッグエイト

本社:東京都江戸川区

新堀下取りや買取で0円と査定された車輌でも、値段をつけて買取できる旨を大きくアピールしています。その理由は、創業から四半世紀に渡って、東南アジアや中東などに部品を輸出するルートを確立しているからとのこと。また車輌を同社に直接持ち込んだ場合は、最寄り駅への送迎もしてくれます。

日本廃車センター

本社:神奈川県横浜市都筑区

神奈川を本拠地としながら、北関東を含む1都6県を守備範囲としている廃車買取業者になります。埼玉なら、地域やスケジュール次第で、即日出張も可能とのこと。買取車輌は、再利用可能な部品を国内および海外へ供給。その上で、他の部位はリサイクル資源としているそうです。

ハイシャル埼玉

本社:大阪府大阪市中央区

ハイシャルとは、大阪に所在するユニオンエタニティ株式会社が運営する全国対応の廃車買取サービスのこと。その埼玉エリア担当が、このハイシャル埼玉ということになります。買取した車輌は、個々の状態なニーズなどに応じ、海外輸出、部品、資源に仕分けて活用とのこと。

トータルカーサービス

本社:福岡県春日市

全国展開で廃車買取事業を展開している「廃車らぶ」、その運営会社がこの会社になります。富士見市を含め、埼玉県はもちろん出張買取が依頼可能となっています。買取された車輌は、個々に、海外輸出、パーツ再販、資源リサイクルに仕分けされ活用されるとのこと。

新車買い替えの前にチェック!
ディーラーは買取0円になるから注意!

ジーンズやエレキギター、オートバイなどで希少価値やプレミア価値のあるものは、それこそ新品の時の価格を上回るといったことがありますね。車の場合でも、そうした車種は存在していますが、非常に限られているのが現実。一般的な車種の場合、登録初年度から10年、走行距離10万kmでディーラー下取り0円となってしまうのが一般的です。そうした場合は、廃車買取業者がお勧めです。

廃車買取のプロが語る!
車下取りのおすすめは?

廃車買取には印鑑証明書が必要に!
富士見市の市役所情報をチェック

所在地 富士見市大字鶴馬1800-1
受付時間 8:30~17:15
アクセス 東武東上線「鶴瀬駅」東口より徒歩20分、または市内循環バス『ふれあい号』にて「富士見市役所前」下車
必要なもの
  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

※代理人が申請する場合は、印鑑登録者本人の自署した委任状、代理人の認印、代理人の本人確認書類なども必要

富士見市の車保有者数

引用元:埼玉県公式ホームページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a350/a350a2016.html)※平成28年3月31日時点の調査

廃車買取のプロが語る!
知って得するマル秘情報を見る