高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 埼玉で廃車買取の悩みに答えるQ&A » 廃車の持ち込みができる業者は?

公開日: |最終更新日時:

廃車の持ち込みができる業者は?

廃車は、自分で車を持ち込んで手続きする方法もあります。持ち込む場合は、どんな業者に持ち込めばいいか分からないかもしれません。ここでは、廃車の持ち込みができる業者の種類と廃車手続きの流れを紹介します。

廃車を持ち込むのはどこがいいのか

廃車買取業者

値段がつく車は中古車買取業者に持ち込む人も多いでしょう。解体を前提にした値段がつかない車の持込先には、廃車を専門にしている廃車買取業者があります。廃車を専門にしているため、手続きが楽です。

他の業者と比較して、廃車費用を安く抑えられるのもメリット。業者によっては、廃車代行手数料が無料の場合もあります。また、廃車に価値がつく場合、買取額を提示してもらえることも。費用を抑えて廃車したい場合は、第一候補になるかもしれません。

ディーラー

車を購入したディーラーも廃車依頼が可能です。ディーラーは新車販売がメイン事業のため、廃車手続きには手数料を請求されます。ディーラーに廃車を依頼する場合の費用は、引き取り費用に0~3万円、車体解体費用に0~3万円、書類手続き費用に1~2万円ほどです。

新車購入と同時であれば、廃車を下取りしてもらえることもあります。廃車に価値がつかない場合でも廃車手続きをサービスしてくれる可能性もあるでしょう。ディーラーに確認してみてください。

スクラップ工場

スクラップ工場に持ち込むのも選択肢のひとつです。ただし、廃車専用のスクラップ工場がある業者を探してください。廃車の処分を専門にしていないスクラップ工場では、廃車手続きできない可能性があり、自分で廃車手続きしなければいけません。

スクラップ工場に持ち込みする際は、自分で廃車手続きをするつもりで依頼するといいでしょう。解体費用に1~2万円、自走できない場合はレッカー代で数千円~3万円必要です。

持ち込んでからの流れは

解体業者を探す・申し込み

廃車専門の解体業者を探しましょう。自社のスクラップ工場を持っていて、都道府県知事から認定を受けているところを選んでください。

解体業者を選んだら、申し込みをして、持込日時を決めます。車を持ち込んだら、ナンバープレートを外してもらってください。

運輸支局で一時抹消登録をおこなう

一時抹消登録をします。管轄の運輸支局での手続きです。運輸支局でナンバープレートを返却。申請書を作成します。登録識別情報等通知書を受け取ったら、保管してください。

持ち込み後に解体へ

一時抹消登録が完了したら、解体業者にその旨を伝えてください。業者が車をスクラップします。トラブルを防ぐため、一時抹消登録完了後にスクラップするのが一般的です。

スクラップ作業は1~2週間で終了し、業者から解体通知が送られてきます。

解体後に永久抹消登録をおこなう

解体が完了したら、管轄の運輸支局へ行き、永久抹消登録(解体届出)をしてください。申請書を作成します。申請書類と必要書類を提出すれば、手続き完了です。ここまで完了すると、自動車税などの還付金が受け取れます。

手続きに必要な書類は

一時抹消登録

一時抹消登録に必要な書類は以下の通りです。

永久抹消登録

永久抹消登録に必要な書類は以下の通りです。