高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 埼玉県エリア別のおすすめ廃車買取業者はここ » 狭山市

狭山市

本ページでは、狭山市で廃車買取を検討されている方向けに、お勧めの業者や各種の情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

埼玉県の廃車買取業者を見積りで比較

狭山市近隣に拠点を置く
埼玉県の廃車買取業者

石川商事

本拠地:川越市寺山

モットーとして掲げているのは「自動車リサイクルを通じてエコロージーに貢献する」という内容。1959年創業で、60年近い歴史がある老舗の解体業者です。普通車や軽自動車はもちろん、トラックなど大型車輌の買取にも力を入れています。

CRS埼玉

本拠地:川越市芳野台

『自動車リサイクルのリーディングカンパニー』をスローガンとして掲げており、廃車買取を精力的に行っています。創業は2004年で比較的新しい会社ながら、買取車輌から回収したセルモーターやオルタネーターなどを、自社でリビルド部品として再生といったことまで行っています。

メタルリサイクル

本拠地:比企郡川島町

自動車関連だけではなく、家電製品やその他の機器類を幅広く買取り、金属全般のリサイクルに取り組んでいる会社になります。また廃車車輌から得られた自動車のパーツセンターも自社で運営。廃車から得られた部品を豊富に取り揃えており、在庫検索システムも用意されています。

アクツ商会

本拠地:鶴ヶ島市上広谷

利用者向けに「解体屋さんが直接買取」というキャッチフレーズをアピール。煩雑な手続きはすべてお任せでき、中間マージンもなしとしています。買取車輌は資源としてリサイクルがメイン、ただし取り外したパーツの販売も行っています。

浦和自動車解体

本拠地:さいたま市桜区上大久保

大きなこだわりとしているのは、中間マージンをなくし、その分を買取価格に還元するという方針。そのため、廃車に関するすべての工程を、自社で自己完結する方式としています。買取された車輌は、海外輸出、部品として再販、資源リサイクルに適宜活用しているとしています。

タウ

本拠地:さいたま市中央区

同社ならではの大きな特徴は、事故車や水没車などを積極的に買取しているという点。これらを海外へ輸出し、修理コストの安い現地で再生させ、中古車として販売するというやり方を実践しています。日本では再販が難しい「いわくつき車輌」を、まさに有効活用しています。

マックトレーディング

本拠地:さいたま市岩槻区長宮

同社が買取に力を入れているのは、日本では中古車としてニーズが低くなった、年式の古い4WD車やワンボックス、商業バンなどの車種。これらは海外では需要が高く、輸出によるビジネスが成り立っているとのこと。同社は言わば、その橋渡し役を務めています。

秋山商会

本拠地:戸田市氷川町

埼玉県南部と東京23区北部をメインエリアとしている解体業者で、いわゆる地域に根ざした地域密着型という趣です。狭山市に関しては、出張買取の可否は明言されていませんでしたので、要確認。同社への直接持ち込みは可能と思われます。

昭和メタル

本拠地:越谷市増森

自動車解体業者として事業をスタートした後に、パーツセンターやタイヤ&ホイールショップなどの自動車関連業務にも事業を拡大し、現在に至っているとのこと。買取車輌は、パーツとして再利用できるものは中古として販売。その他の部位は資源としてリサイクルとのこと。

3R

本拠地:久喜市河原井町

英語の「Reduce」「Reuse」Recycle」が、3Rという社名の由来なのだそうです。買取した車輌は、再利用できる部品を取り外し、中古パーツとして販売。残った部位は資源としてリサイクルしているそうです。なお、立地は東北自動車道の久喜インターチェンジから約5分だそうです。

狭山市も対応する
その他の廃車買取業者

おもいでガレージ

本拠地:東京都葛飾区東新小岩

こちらはいわゆる解体業者ではありません。買取車輌を海外へ輸出している業者になります。そのため、買取対象は、公道走行可能な状態であれば、年式や走行距離、キズや凹みなどは不問。逆に事故車や水没車など走行不能なものは買取NGとなっています。

ゴールデンライオン

本拠地:東京都江戸川区南篠崎町

創業は1970年で、約半世紀の歴史を持っています。解体業者として、老舗と言ってよいでしょう。そんな同社では、地元の東京だけでなく、千葉、神奈川、そして埼玉も買取強化エリアとしているとのこと。出張買取もOKとしています。買取車輌は資源リサイクルがメインだそうです。

ビッグエイト

本拠地:東京都江戸川区新堀

東南アジアや中東などに部品を輸出するルートを確立しているというのが、同社の大きな強み。国内では中古車として需要のない車輌でも、同社ならば査定0円ではなく、値段をつけて買い取れると訴求しています。同社に車輌持ち込みの場合は、帰りに最寄り駅まで送迎とのこと。

日本廃車センター

本拠地:神奈川県横浜市都筑区

買取車輌は、再利用可能な部品、資源としてリサイクルする部位、それぞれに選別され、キチンと有効活用という業者です。本拠地は神奈川県ですが、関東の1都6県を守備範囲としており、もちろん埼玉への出張買取もOK。条件さえ合えば、即日出張も可能だそうです。

ハイシャル埼玉

本拠地:大阪府大阪市中央区

ユニオンエタニティ株式会社という大阪の業者によって運営されている廃車買取サービスがハイシャル。その埼玉支部に相当するのがハイシャル埼玉ということになります。買取車輌は、海外輸出、部品、資源から、それぞれに最適な用途に振り分ける方式とのこと。

トータルカーサービス

本拠地:福岡県春日市

こちらの会社は、全国展開で廃車買取サービスを行っている「廃車らぶ」の運営元。もちろん狭山市を含め、埼玉県のほぼ全域を、出張買取対応エリアとしています。買取された車輌は、個々の状態や市場ニーズなどに応じて、海外輸出、パーツとして再販、資源リサイクルに有効活用とのこと。

新車買い替えの前にチェック!
ディーラーは買取0円になるから注意!

ディーラーの下取りでも、中古車買取業者でも、査定価格0円となってしまう個体があります。言わば、国内の中古車市場でのニーズがないと判断されたということですね。そうした場合でも、廃車買取業者であれば、海外輸出や部品として販売、あるいはリサイクル資源として売却するという方法によって、買取に門戸を開いているのです。これが廃車買取業者の強みなのです。

廃車買取のプロが語る!
車下取りのおすすめは?

廃車買取には印鑑証明書が必要に!
狭山市の市役所情報をチェック

所在地 狭山市入間川1-23-5
受付時間 8:30~17:15
アクセス 西武新宿線「狭山市駅」西口下車徒歩8分
必要なもの
  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

※代理人が申請する場合は、印鑑登録者本人の自署した委任状、代理人の認印、代理人の本人確認書類なども必要

狭山市の車保有者数

引用元:埼玉県公式ホームページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a350/a350a2016.html)※平成28年3月31日時点の調査

廃車買取のプロが語る!
知って得するマル秘情報を見る