高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 埼玉で廃車買取の悩みに答えるQ&A » ゼロ円査定車の買取はできない?

公開日: |最終更新日時:

ゼロ円査定車の買取はできない?

買取査定してもらうと「ゼロ円」ということも考えられます。買取の際の価値は、複数の要素で判断されるため、どのようなポイントで査定されるか知っておくといいでしょう。ここでは、ゼロ円査定車になる理由と対処方法を紹介します。

ゼロ円査定車になる理由

年式

年式は、製造されて登録された日のことで、車検証で言うと「初度登録年月」のことです。古くなれば車は劣化するため、年式は新しい方が買取額も高くなります。車自体の劣化と同時に、車の製造技術も進化するため、古ければ古いほど価値が下がるのは当然のこと。最終的に査定額がゼロ円になるかもしれません。走行距離も長い場合は特に買取額が低くなります。査定額がゼロになるというのは、「しっかり使った」という証拠でもあるでしょう。

走行距離

車はただ所有しているより、走る方が劣化します。同じ車種・年式の車であれば、走行距離が長い方が劣化していると考えられるため、査定価格も下がります。

ただし、走行距離が長くても、メンテナンスが行き届いている車であれば、まだまだしっかり走行できるという状態かもしれません。このような車は査定価格も上がる可能性があります。傷んだ部品を交換するなど、日頃のメンテナンスへの姿勢は、買取価格に反映します。

事故車・水没車

事故車は、事故によるダメージを強く受けているため、買取価格は下がります。整備やメンテナンスコストもかかる上に、販売価格も高くできません。中古車販売店でも、事故車は無事故者と比較して割安で販売されています。

水没車も同様に、販売価格は安く、メンテナンスコストがかかるため、買取価格は上がりません。査定額がゼロ円になることも十分考えられます。

また、走行ができない状態の車も査定額がゼロ円になる可能性があります。自走できない場合は、さらにレッカー車など処分費用の手出しが必要になるかもしれません。

ゼロ円査定になってしまったらどうすればいい?

シミュレーション(オンライン見積り)で買取金額を調べる

インターネット上に売却シミュレーションができるサイトがあります。買取業者が運営しているケースが多いです。こうしたオンライン見積もりを利用して、買取価格を調べてみましょう。査定額が妥当なものか判断できます。

ゼロ円の理由を業者に確認する

ゼロ円に納得がいかない場合は、業者に理由を確認しましょう。もしかすると、価格に反映することの中で伝えていない情報があるなど、何かの誤解があって算出された査定額かもしれません。また、交渉してみるのもいいでしょう。

他の買取業者にも査定を依頼する

査定額に納得いかなければ、他の買取業者にも査定依頼してみてください。業者によって、評価の基準が異なります。他の業者では高い価値をつけてくれるかもしれません。その車種を専門で扱う業者なら、また別の視点で査定してくれるでしょう。

廃車買取専門の業者を探す

廃車買取専門の業者は、パーツ売りや資材としての転売ルートを持っているため、車としては価値がないと判断される場合でも、素材としての価値で査定してくれます。廃車や解体手続きにも慣れているので、一考の価値があるでしょう。