高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 廃車の買取相場まとめ » ミニバン

ミニバン

ミニバンの人気は言われて久しいところですが、未だまったく衰えるところを知りません。

とくにお子さんがいるご家庭が選択する車として、ファミリー人気を想像するところですが、かつてはスポーツカーに乗っていた若者が、乗りやすさと実用性を重視してミニバンを選ぶケースも多くなってきており、年代を問わずニーズのあるサイズになっています。

とはいえ、もちろんどんな車でも確実に高値になるわけではありません。製造からの年数、走行距離、車体の状態、車種によって違いはあります。

ミニバンの車種は廃車買取の値段がつく?

人気車種以外が狙い目の場合がある

人気車種が多いミニバンは、年式や使用年数などによって査定額がつかない場合もあります。

ミニバンは使い勝手が良いため、家族で使用する以外にレジャーで使用する若い人も多いのが特徴。

長い間乗りつぶしてから廃車にする方も多くいます。

人気が高い車種はそれだけ台数も多いため、希少価値は高いとは言えなくなります。そのため、査定額がつかないか、ついても想像より低価格の買い取り額になる可能性があるのです。

事故歴があっても買取可能

ミニバンは用途の広さから事故歴がついているものがほとんどのようですが、廃車買取であれば事故歴がある車でも問題はありません。

人気の車種のため、中古車市場でも需要の高いミニバン。しかし、事故歴がある車であれば、買取金額は期待を上回るものではなくなるでしょう。

廃車買取であれば事故で動かなくなったミニバンの車種でも買取可能です。

車種のモデルチェンジで変動する場合がある

フルモデルチェンジ前と後で廃車買取で金額が変わる可能性は高いといえるでしょう。

ミニバンの代表ともいえるトヨタのエスティマは、フルモデルチェンジをしたことでスタイリッシュな印象になり、人気が出るようになりました。

その一方で初代モデルはカスタムされた車種が広く出回るようになり、走行距離も20万km近い車種も多くなっていたそうです。

バッテリーを交換して乗り続けるとしても、工賃が高くなる一方。そのため廃車買取や解体に出ていくモデルが増加しました。

このように、車種がモデルチェンジをする際には旧型と新型で廃車買取の金額が変わってくることがあります。

ミニバンの買取事例

ミニバンの詳しい買取事例はありませんでした。

しかし業者のなかにはミニバンの廃車買取例を紹介しているところも多いので、対応しているといえるでしょう。

紹介している車種は年式が平成20年代からのものも多いようです。