高価買取&迅速対応できる埼玉県の廃車買取業者を教えます » 埼玉県エリア別のおすすめ廃車買取業者はここ » 坂戸市

坂戸市

本ページでは、坂戸市で廃車買取を検討されている方向けに、お勧めの業者や各種の情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

埼玉県の廃車買取業者を見積りで比較

坂戸市近隣に拠点を置く
埼玉県の廃車買取業者

アクツ商会

鶴ヶ島市上広谷が本社所在地。「解体屋さんが直接買取」という文言をキャッチフレーズとして標榜しています。煩わしい手続きなどはすべて代行してくれ中間業者も挟まないとのこと。買取車輌の用途としては、中古パーツの再利用と、再利用できない部位はリサイクル資源になるそうです。

メタルリサイクル

比企郡川島町が本社所在地。メタルリサイクルという社名は2001年以降ですが、前身会社は1969年設立で半世紀の歴史を誇っています。自動車はもちろん、様々な金属製品の買取とリサイクルに対応。買取車輌はパーツとして再販と、リサイクル資源に活用されています。

CRS埼玉

川越市芳野台が本社所在地。『自動車リサイクルのリーディングカンパニー』を社是としている業者になります。廃車買取された車輌は、それぞれの個体の状態や、中古車・部品としてのニーズなどを鑑みて、中古車として転売、部品として再利用、資源としてリサイクルに分類しているとのこと。

石川商事

川越市寺山が本社所在地。60年以上の社歴(創業は1959年/昭和34年)を有している老舗の廃車買取業者であり、「自動車リサイクルを通じてエコロージーに貢献する」というモットーを掲げています。普通自動車や軽自動車はもとより、大型トラックなどの買取も積極的に行なっています。

3R

久喜市河原井町が本社所在地。英語の「Reduce」「Reuse」「Recycle」を社名の由来としており、自動車とその関連部品を専門的に扱うリサイクル業者になります。廃車として買取した車輌は、部品として再利用する場合と、資源としてリサイクルする場合の両方があるとしています。

浦和自動車解体

さいたま市桜区上大久保が本社所在地。中間業者を挟まず、自社で廃車買取、解体作業、各種手続き、さらにはパーツとしての再販までをワンストップ対応しているのが特色。中間マージンが発生しないので、その分を買取価格として還元するという方針を実践しています。

タウ

さいたま市中央区が本社所在地。1996年の設立時は当時の浦和市を本拠地としていました。以後、業務拡大を順調に成し遂げていき、現在は全国をカバーする廃車買取業者に成長しています。大きな特徴となっているのが、事故車や水害車、不動車などを積極的に買取っている点です。

マックトレーディング

さいたま市岩槻区長宮所が本社所在地。この業者は社名にもある通り、廃車解体を行なうのではなく、海外への輸出を主業務としています。なかでも、ハイエースなどのワンボックス、ハイゼットなどの軽トラック、ランドクルーザーやパジェロなどの4WD車の買取に強みがありとのこと。

昭和メタル

越谷市増森が本社所在地。かの越谷レイクタウンの近くです。当初は解体業者として設立(1969年)され、後にパーツセンターやタイヤ&ホイールショップなどの自動車関連業務を拡大、現在に至っています。そうした出自もあり、買取車輌は、部品再利用と資源リサイクルの双方に対応。

秋山商会

戸田市氷川町が本社所在地。戸田市とその周辺エリア(東京都北部も含む)の地域密着型業者として解体業を営んでいる、昭和49年創業の老舗業者となります。なお、出張買取は戸田市と周辺エリアと名言されているので、坂戸市への対応については、要問い合わせとなります。

坂戸市も対応する
その他の廃車買取業者

おもいでガレージ

東京の葛飾区東新小岩に所在が本社所在地。この会社は買取車輌の海外輸出を主業務としていて、いわゆる解体業者ではありません。買取対象も、年式や走行距離は不問としており、公道走行できれば、キズや凹みがあっても可能。事故車など自走できないものは不可となっています。

ゴールデンライオン

東京都江戸川区南篠崎町所が本社所在地。創業は1970年、半世紀近い社歴を通じて、アジア・中東地域に自動車部品のリサイクルルートを確立しているとのことで、同社ならではの強みとしています。なお、車輌の状態がよいものの場合は中古車市場にも流通させているとのこと。

ビッグエイト

東京の江戸川区新堀が本社所在地。創業平成16年と比較的“若い”ながら、買取した車輌を部品として国内販売や海外輸出できるルートを確立しているとのこと。下取りや中古車買取で0円査定された車輌でも値段をつけて買取できるので、あきらめないで欲しいと訴求しています。

日本廃車センター

神奈川県の横浜市都筑区が本社所在地。設立1986年で既に30年以上の社歴がある業者です。買取した車輌は、適宜、部品として販売・輸出、あるいは資源としてリサイクル。関東1都6県を買取強化エリアとしており、埼玉も出張買取可能な地域としています。

ハイシャル埼玉

大阪市中央区が本社所在地のユニオンエタニティ株式会社が運営元。2016年設立という“年少者”でありながら、廃車買取サービスを全国展開で行なっています。ハイシャル埼玉はその埼玉の支部というポジション。買取車輌は海外輸出や資源リサイクルなどに供されるとのことです。

トータルカーサービス

福岡県春日市が本社所在地。廃車買取を全国規模で行なう「廃車らぶ」を運営しているのが、この会社になります。もちろん埼玉県も全域を守備範囲としています。買取された車輌は、パーツとして再販、資源としてリサイクル、海外への輸出に、適宜仕分けられているとのこと。

新車買い替えの前にチェック!
ディーラーは買取0円になるから注意!

世の中には、年式や走行距離に関係なく、常に中古車市場から引き合いのある歴史的名車というものが存在しています。例えばトヨタ2000GTやニッサンの『ケンメリ型』スカイラインGT-Rなどは、誕生から半世紀近くが経っても高価買取が期待できます。一方、ごくありふれた車種の場合、カーディーラー下取りで値がつくのは、10年以内、10万km以下というのが現実です。

廃車買取のプロが語る!
車下取りのおすすめは?

廃車買取には印鑑証明書が必要に!
坂戸市の市役所情報をチェック

所在地 坂戸市千代田1-1-1
受付時間 8:30~17:15
アクセス 東武東上線「若葉駅」から徒歩約17分、「坂戸駅」から徒歩約14分
必要なもの
  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 手数料300円

※代理人が申請する場合は、印鑑登録者本人の自署した委任状、代理人の認印、代理人の本人確認書類なども必要

坂戸市の車保有者数

引用元:埼玉県公式ホームページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a350/a350a2016.html)※平成28年3月31日時点の調査

廃車買取のプロが語る!
知って得するマル秘情報を見る